2010年12月17日

ちょっと味見。

umeajimgo.JPG

 写真は自家製の梅酒です。
 今年の春に漬けたものですが、なかなか熟成してきました。
 1年以上は漬けてから飲む予定でしたが、ちょっと味見を、、、。
 
 おーっ、いい感じですなー。
 予想以上の出来です。
 辛口の梅酒が出来てます。
 
 私は甘くない梅酒が好きなんですが、実際売られている梅酒は甘いものばかりです。
 よし、それならば作ってしまえ!
 と、作ったのがこの辛口梅酒です。
 
 材料は35度のホワイトリカー、オーガニックの梅、それに国産天然はちみつを少量です。
 普通のレシピに書かれている砂糖の量と比べると3分の1くらいです。
 出来上がるまで味はわからないので不安でしたが、いい出来になっています。
 
 よしよし、これであと半年は寝かしてから飲むぞー!
 
 、、、その前にもう一口味見と。
 
 いやー、うまいねー。
 これがさらに熟成すると思うとよだれが出てきます。
 
 、、、あれ?
 もうグラスが空だ。
 もう少し味見してもいいかな?
 
 、、、うん、うまい。
 これが寝かせれば寝かせるほどうまいんだよね。
 梅酒の達人の中にはうん十年と寝かした梅酒もあるらしいからね。
 
 、、、あれ?
 早いなー、グラスが空くの。
 もう一杯だけ飲むか。
 
 いやー、最高!
 今でもこの味わい!
 これがあと半年も経てばもっとまろやかになり旨みが出てくるんだろうなー。
 
 うめー、ウィ〜、、、。
 
 ありっ?
 梅酒が半分くらいに減ってる!
 誰だ飲んだの!
 ちくしょー!
 金返せ!
 
 Ryan Leslie 『Guardian Angel』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

有機三州味醂:角谷文治郎商店



 この味醂は今私が愛用している味醂です。
 オーガニックの国産米で醸造されたみりんです。
 添加物も一切しようしていないこだわりのみりんは一味違うんです。
 
 実はねこのみりん、私は料理より飲む量のほうが多いんです。
 だって、おいしいんだもん。
 食前酒にも最適な甘い酒なんですよ。
 もちろん糖類は添加していないですよ。
 醸造の中でかもし出された自然な甘味です。
 たぶん、私のようにみりんを飲む人は結構いるんじゃないかな?
 
 原材料:有機もち米(国内)、有機米こうじ(国内)、有機米焼酎(自社製)
 アルコール分:13.5度以上 14.5度未満
 
 ね、立派な酒でしょ。
 
 みなさんはみりんは何を買っていますか?
 もし台所に常備しているなら、ぜひ飲んでみてください。
 それでおいしくなければ料理に使ったっておいしくできると思います?
 
 ちゃんとしたみりんは高いんですが、それはそれなりに訳があります。
 スーパーで特売されている安い味醂の中には偽みりんが多いですから。
 ・アルコールが含まれていない
 ・アルコールが1%未満
 ・塩が入っている。
 上記3つのうち一つでもあてはまればそれは味醂ではありません。
 味醂風味の調味料です。
 もちろん飲めたものじゃありません。
 
 もし上記の3つにあてはまらなくても、添加物を使用している味醂は多いから要注意です。
 みりんの甘さを出すために糖類を添加している味醂は多いですから。
 本物のみりんはきちんと発酵させて甘味、成分を抽出させているんです。
 
 私がこだわるのは、美味しいものを食べたいし飲みたいからです。
 やっぱりねー、本物は違うんですよ。
 
 私もそんなに味覚が鋭い訳ではありません。
 でもね、いいものを飲食することは体にもいいですからね。
 人間の体は食べ物で出来ています。
 その食べ物が添加物だらけだから体の不調も出てくると思いませんか?
 
 私も聖人ではないのでインスタント食品も食べるし、外食で飲み歩いたりもします。
 でも基本になる家での食事にはかなり気を使っています。
 するとね、体調の変化に気づくんです。
 みなさんもありませんか?
 外食やインスタントが続くと体の不調が出てくることが。
 
 家で玄米と味噌汁と自家製漬物の生活を3日も続けるとすこぶる体調がよくなるのを実感します。
 さらに私はたまに断食もしますが、そうすると本当に体調の変化に気づきますね。
 あっ、体型の変化もね(笑)。
 
 結局さー、美味しいものを食べて飲んで健康になれたらいいんでない?
 
 James Brown 『Funky Drummer (Bonus Beat Reprise)』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

はちみつ梅酒 (自家製)

 ぶん ぶん ぶん はちがとぶ
 おいけのまわりにのばらがさいたよ
 ぶん ぶん ぶん はちがとぶ

hatiumepb.JPG
 
 てなわけで今日は自家製はちみつ梅酒を紹介します。
 
 昨日無糖の梅酒の記事を書きましたが、今日は応用編です。
 
 砂糖は入れなくてもいいと書きましたが、砂糖の代わりにはちみつや黒糖、メープルシロップなんかでも梅酒は作れます。
 それぞれ違った味わいが楽しめますよ。
 分量は好みによりますが、私の場合は梅1K、ホワイトリカー1.8L、はちみつ300gです。
 私は甘すぎないのが好きなので、これでほのかな甘さのはちみつ梅酒が出来ます。
 はちみつの味が好きな方は倍の量を入れてもおししく出来ます。
 
 はちみつは国産100%のものを使いました。
 安いはちみつは砂糖を足していたり、中国産が多いので注意してください。
 純粋な国産のはちみつが一番です。
 
 でもね、私の悪い癖で”味見”という名の飲みすぎがあるんですよ。
 しょっちゅう味見と称して飲むもんですから出来上がる前になくなりそうです。
 あいかわらずバカだねー。
 
 ぶんぶんぶん
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

無糖の梅酒

 今日は七夕ですね。
 普段仕事、勉強、遊びなどであくせくしているみなさん。
 今日くらいは夜空を眺めてのんびりしませんか?
 
世の中には欲しいけれども売ってないものがあります。
 こういうのが欲しい、ああいうのが欲しい。
 でも売ってない、、、。
 だったら作ればいいんです!

mutouumegp.JPG

 梅酒は好きだけど甘ったるくて、、、という人は多いんじゃないでしょうか?
 じゃあ自分で漬けましょうよ。
 
 この我が家の梅酒は梅とホワイトリカーだけです。
 つまり無糖の梅酒なんです。
 えっ?砂糖入れなくてもいいの?と思う方もいるでしょうが、いいんです。
 焼酎に梅を漬けるだけでも立派に梅酒は出来上がります。
 
 この梅は国産オーガニックの梅です。
 有機梅酒(無糖)。
 こんな梅酒はその辺では売ってません。
 探せば飲めますよ。
 オーガニックレストランで自家製の無糖有機梅酒を飲ませてもらえるところもありますしね。
 でももっと簡単に安くおいしいのは、、、あー、作ればいいんだ。
 だから作ればいいんですよ。
 
 梅酒に限らず、作れるものは作りましょう。
 果実酒や漬物なんかは簡単でおいしいものが作れるんでみなさんもぜひチャレンジしてみてください。
 市販では買えない味が味わえますよ。
 
 さてと、今日は自家製ビールに自家製どぶろくでも飲むかな、、、、あっ、やべー!
 アルコール入りのビールやどぶろくは作ってはダメですよ。
 密造になり法律違反ですから。
 そんなもの私が作るわけないじゃないですか、あはは、あはははー、、、。
 
 Q-Tip 『Wait Up』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

そろそろハイボールにもこだわりませんか?




 数年前からのハイボール人気も定着してきましたね。
 でも、そろそろハイボールにもこだわりませんか?
 
 今、居酒屋等で飲めるのはほとんどがサントリーの角瓶を使ったハイボールです。
 サントリーががんばってハイボールブームを作ったのは認めます。
 でも昔からハイボールを飲んでいる私にとっては、もっとうまいハイボールもあるのにといつも思っていました。
 恐らく今ハイボールを飲んでいる若者のほとんどが、ビール代わりのハイボールくらいの意識じゃないんでしょうか。
 ビールより安く飲めますしね。
 でもそれじゃあもったいない!
 おいしいハイボール飲みませんか?
 
 ウイスキーを家でも飲んでいる方は、その自分が好きな銘柄を炭酸で割って飲んでみてください。
 どうです?
 店で飲む角ハイボールとは違いませんか?
 
 お勧めはスコッチを炭酸で割るのが一番いいですね。
 中でもシングルモルトが好きな方は水割りの水を炭酸に代えてみてください。
 ストレートで飲むのが好きな方はチェイサーを水から炭酸に代えて見てください。
 どうです?
 いつもと違う味わいが楽しめますよ。
 
 私はシングルモルトが大好きでコレクションも多数かかえています。
 その失敗談をひとつ話します。
 学生の頃キンクレイスという閉鎖してしまった蒸留所のモルトを手に入れ、実家に保存しておいたんです。
 ある日実家に帰るとショックでぶっ倒れました。
 なんと親父がその酒を開けて飲んでいたんです。
 ほとんど空になったボトルを見ながらしばらく放心状態でした。
 はー、怒るに怒れずただただガックリ、、、。
 私『うまかったかい?』
 親父『あー、わかんねえ。』
 えぇーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
 うーーそーーーーー!
 私『それ今買おうとしたら30万円以上するのにー!』
 親父『あー!なぬー!本当か!』
 本当ですとも。
 放心状態の私は返事の代わりにただただうなずくだけでした。
 何もわからず飲んだ親父を責めるに責められず、泣く泣く残りのモルトを飲みました。
 最後のモルトは涙でしょっぱいものでした。
 
 青木カレン 『SUNRISE feat.Shima&ShikouDUO』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

二東マッコリが値下げのようです。


 
 二東ジャパンが二東マッコリを値下げするという情報が入ってきました。
 実地は2010年1月出荷からのようです。
 
 覚えてますか?
 法人税約4000万円を脱税した容疑で東京地検に告発されたことを。
 つい最近の話ですよ。
 2009年10月21日の記事でも書いています。
 参照→二東マッコリ:二東ジャパンhttp://nondemita.seesaa.net/article/130814986.html
 
 なんてわかりやすいんでしょうか。
 社長の心の声が聞こえてきそうです。
 本人を知らないんで本当の心はわかりませんが、やっていることだけを見ればなんだかなー、という感想ですな。
 
 あー、早い早い。
 もう12月の前半が終わろうとしています。
 よーし気合入れてがんばるぞー!
 、、、明日から。
 
 Sting 『Shape of my Heart』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

The Malt of Kagoshima -1984-:本坊酒造



 私は無類のモルト好きである。
 その私に今回触手を伸ばさせたモルトがある。
 写真の『The Malt of Kagoshima -1984-』だ。
 1984年に鹿児島で最後に蒸留し、25年間シェリー樽に眠っていたモルト原酒5樽をヴァッティングしたシングルモルトウイスキーである。
 もちろん、今はすでになき蒸留所であるので、この商品を最後に鹿児島のモルトの歴史は幕を閉じるのである。
 
 これは飲みたい!
 でも高い!
 1万円ちょいという価格とこの希少価値を考えると高くはないのだが、それでもなー、1万円かー、、、。
 限定瓶詰本数3,018本なので迷っているうちになくなりそうだし、、、。
 
 天の声が聞こえてきた、、、。
 《これを飲まずして酒を語るのか?歴史を飲もう!持っているだけで宝だよ!後で買おうとするとプレミア付いてくるよ。キンクレイスの時も買わずに後悔しただろ!、、、。》
 
 よし、買おう!
 
 、、、でもしばらく飲まないけどね。
 
 OMAR 『SAY NOTHIN'』

 続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

I・Wハーパーの日本での販売元が変わります。


 
 2009年10月1日より輸入洋酒の取り扱い先の変更が様々あります。
 I・Wハーパーは10月からキリンビールが販売することになりました。
 
 その他、ジョニーウォーカー、ホワイトホース、ゴードン、タンカレー、、、などが販売元が変更です。
 
 今年は輸入酒の販売権の移行がかなりありますね。
 でも、よくよく見るとキリンビールがかなりからんでいるんです。
 シーバスリーガル、カフェドパリはキリンビールから離れたもの、上記の洋酒、ギネス、スミノフなどはキリンビールが販売を始めたものです。
 サントリーとの合併の話も話題になっていますし、しばらくはキリンビールの動きが食品業界に与える影響が大きそうですね。
 
 今日ひさしぶりにパチンコに行ってきました。
 新台の”タイムショック”という台が開いていたので、座ると数千円でフィーバー。
 おっいいねー。と思いながら打っているととなりのおっさんに話しかけられました。
 隣のおっさん『これ大当たりしたけどどうやるの?』
 見るとおっさんの台は777が揃っているのですがその台は右打ちをするタイプの台で、それを理解できないで普通に打っていたおっさんは、数字が揃っているのに出球がないので私に聞いてきたのです。
 私だってそんなにパチンコに詳しいわけではないのですが、画面に右打ちしてくださいと出ているので、それ右打ちしたほうがいいんじゃない?と言いました。
 すると出球が出だしたのでおっさんはおとなしく打っていました。
 その後しばらくして、またおっさんがあせって話しかけてきたんです。
 隣のおっさん『これ、玉入ってるのに出球がないんだけどどうすればいいんだ?』
 見るとフィーバーしてるのに玉が詰まっているらしく、どんどん玉が減っているんです。
 私『とりあえず上の皿に箱の玉入れたほうがいいよ。それと店員呼んだほうがいいよ。』
 
 まあ話はこれだけなんですが、私がいいたいのは”わしにわかるか!店員呼べ!”ということだけです。
 
 昨日紹介したBill Withers 『Grandma's Hands』をアレンジカバーした曲を紹介します。
 元がいいだけにこちらもかなりクールな仕上がりです。
 ただ欲を言えば女性のラップは必要なかったかな。
 
 Blackstreet 『No Diggity』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

マイヤーズ ラム プラチナホワイト(MYERS'S RUM Platinum White):フレッド・L・マイヤーズ&サン



 2009年5月中旬頃から名称変更です。
 ”マイヤーズ ラム プレミアムホワイト”が”マイヤーズ ラム プラチナホワイト”になります。
 中身の変更はありません。
 
 日本向けだけという訳ではなく現地ジャマイカでの変更ということでの右倣えらしいんで詳しいことはよくわかりませんがね?
 プレミアムとプラチナ?
 中身は変わんないんだし変える必要ないじゃん!と思いましたがね。
 
 私は一時期ラムばかり飲んでいた頃がありました。
 それもマイヤーズのダークラム。
 その頃はレゲエに心酔していた時期で、ジャマイカの酒であるラムをコーラで割って飲みながら踊ってましたよ。
 今でもレゲエは大好きですが、その頃はレゲエばかり聞いてましたね。
 
 当時狂っていたようにヘビーローテーションで聞いていた曲があります。
 その曲だけをテープに繰り返し録音してエンドレスで流したりしてました。
 さすがにもうそんな風に聞くことはありませんが、今聞いても飽きないですね。
 彼はボブマーリィと共に活動し、ソロになってからはさらにメッセージ色の強い音楽で過激な活動をしていましたが、1987年に暴漢に襲われ射殺されました。
 しかし彼の力強くやさしい歌声は今でも私の心を癒してくれます。

 Peter Tosh - Till Your Well Runs Dry
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

タリスカー TALISKER:ユナイテッド・ディスティラーズ&ヴィントナーズ UDV

2008年11月1日出荷より値上げです。
 一応今日でUDVのモルトの値上げの話題はひとまず終えます。
 最後を飾るのはジョニーウォーカーの原酒のモルトのひとつであるタリスカーです。
 
 自分で書いといていうのもなんだけど、最後を飾るもなにもあったものじゃないよなー。
 結局南極値上げされるってことだしね。
 
 タリスカーは上級者むけのモルトですのでモルトの入門者は飲まないことをお勧めします。
 この味がわかるにはモルトを何種類か飲んでうまさがわかってからです。
 でないとケガするぜ。
 
 私は大怪我しました。
 
 、、、って初心者かい!
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | その他酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

クライヌリッシュ Clynelish:ユナイテッド・ディスティラーズ&ヴィントナーズ UDV

2008年11月1日出荷より値上げです。
 これも読みづらいモルトのひとつです。
 
 clynelish
 これ読めます?
 カタカナで表記するとクライヌリッシュです。
 これもいままで一発で読めた人はいなかったかも?
 
 味は個性的でどっしりとした深い味わいです。
 これは500円程度の値上げになるかな?
 モルトはもともと高価なので値上げ幅も大きいですね。
 カップ麺や飲料水だと何十円かの世界ですが、モルトとなると千円単位の値上げもありますからね。
 
 そろそろモルトの話題に飽きた?
 もう一日待ってください。
 明日で最後です。
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

クラガンモア Cragganmore:ユナイテッド・ディスティラーズ&ヴィントナーズ UDV

2008年11月1日出荷より値上げです。
 オールドパーの原酒のひとつです。
 
 甘みのある味と香りは初心者からマニアまでの心をつかみます。
 私の好きなモルトのひとつですね。
 
 これも売価で500〜1000円程度上がるかと思うとため息がでます。
 いまのうち大人買いしておくかな?
 でもあんまり寝かせすぎても天使の分け前(揮発)が増えるしねー。
 
 私の一番好きなモルト(コニサーズチョイスのキンクレイス)を封を開けずにもっている友人がいるんですが、天使の分け前がすごいといって肩を落としていました。
 今買えば30万以上するモルトです。
 おーい。
 天使にはもう十分やったろ?
 わいに飲ましてつかあさい。
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | その他酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

グレンキンチー Glenkinchie:ユナイテッド・ディスティラーズ&ヴィントナーズ UDV

2008年11月1日出荷より値上げです。
 ここ数日間重大なミスを犯していました。
 気づいた人いる?
 
 実はユナイテッド・ディスティラーズ社は合併していたんです。
 今はユナイテッド・ディスティラーズ&ヴィントナーズでした。
 まあ、たいした間違いじゃないよね?
 
 気を取り直していきます。
 
 モルトでグレン○○○と名のつく商品は多いんです。
 これもグレンキンチーとグレン仲間です。
 でも味わいはそれぞれ違いますよ。
 これはライトタイプで個性は強くないんですが、なんといっても価格が安い!
 私もモルトを飲み始めの頃に安さにつられて買った口です。
 といってもモルトの中で安いということなので3000円前後の売価ですがね。
 
 これも値上げで安いところでも4000円前後の売価になるんでしょうかね?
 
 ひとつ補足するとミニチュアボトルの価格変更はないようです。
 もうひとつ補足すると今日の私は寝不足です。
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

グレン エルギン Glen Elgin:ユナイテッド・ディスティラーズ UD

2008年11月1日出荷より値上げです。
 昨日の記事とつながるんですが、このモルトもホワイトホースの原酒です。
 
 ラベルを見てください。
 って写真が小さくて見づらいですよね。
 WHITE HORSEの文字と馬のマークが入っています。
 昨日の記事を書いた後、ホワイトホースを語るのにグレン エルギンは外せないと思い書きました。
 
 味わいはマイルドで軽いです。
 ラガヴーリンとは真逆の味わいです。
 こういったまったく違った味をブレンドしてホワイトホースは出来るわけです。
 
 だからってホワイトホースが最高の味わいを醸し出しているというわけでもないんですがね。
 おいしいんですよ。
 でもシングルモルトの味を知ってしまえばねー。
 ねー?
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | その他酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

ラガヴーリン Lagavulin:ユナイテッド・ディスティラーズ UD

2008年11月1日出荷より値上げです。
 ホワイトホースの元になるブレンドモルト原酒です。
 
 ラガヴーリンと聞くと『???』という方が多いんではないでしょうか。
 でもホワイトホースといえば『あー、あの酒ね。』とわかる方も多いでしょう。
 近所の酒屋やスーパーでもよく見かける商品ですから。
 
 ブレンドのスコッチは通常30種類以上の原酒をブレンドして作られます。
 なぜそんなにブレンドするかというと種類を減らせば元の原酒の個性が出すぎて、極端にいうとブレンドする年によって味が変わってきてしまうからです。
 地酒、ワインを好きな方はわかるでしょうが、年によって味に出来、不出来がありますから。
 
 そんなブレンドされるモルトのひとつであるのが勿体無い位、個性が際立っているのがラガヴーリンなんです。
 昨日の記事で書いたモルトがライトタイプの代表だとすると、これはヘビータイプの代表です。
 
 外野の声『ちょっと話の途中で悪いけど、最近モルトの話題ばかりじゃない?』
 酔分補給『えっ、気のせいじゃない?』
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

ダルウィニー Dalwinnie:ユナイテッド・ディスティラーズ UD

2008年11月1日出荷より値上げです。
 
 ダルウィニーはモルトとして市場に出すときは15年以上という長期熟成のシングルモルトです。
 しかも他の同年数のモルトと比べると価格が安いんです。
 モルトとして一般的な12年と比較しても安い部類に入ります。
 香りはスパイシーさがありますが、飲んでみるとライトタイプで個性には乏しいんですが飲みやすいんです。
 
 つまり、安くて飲みやすいというモルトの入門者には最適のモルトです。
 それが値上げなんです。
 セールで2000円台で売られていたこともありましたが、今回の値上げで3000円台で販売するのも難しくなりそうです。
 出荷価格で1000円以上も値上げなんて、、、。
 
 モルトは完全に嗜好品です。
 生活必需品ではないし、多くの人にとっては値上げしても影響のない高級品です。
 昔の記事で何度か高級品は値上げしていいと書きましたが、私の好きなモルトに関しては発言をひるがえしていいですか?
 
 『モ、モルトの値上げだけはやめてくれー!』
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | その他酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

オーバン Oban:ユナイテッド・ディスティラーズ UD

2008年11月1日より値上げです。
 1794年設立の歴史あるモルトです。
 
 1794年といえば日本では徳川家斉が将軍だった江戸時代です。
 老中の松平定信が寛政の改革(1787〜1793)を行っていた時期です。
 鎖国もしていたんで海のむこうでこんなモルトが飲まれているなんて思いもよらなかったでしょうね。
 ウイスキーの存在自体開国以前は知らなかったんですからね。
 
 私がシングルモルトを知ったのは、23歳のときグレンリベットを飲んだのが初めてです。
 その時の感動は『なんだこれは!』でした。
 今まで飲んだウイスキーのイメージを覆すモルトのフレーバーはその後の私の人生にも影響を与えたといっても過言です。
 
 日本も私も遅咲きです。
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | その他酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

カリラ CAOL ILA:ユナイテッド・ディスティラーズ UD

2008年11月1日出荷より値上げです。
 
 Caol Ila
 
 ↑この名前読めます?
 私は昔カオルイラと読んでました。
 一般的にカタカナで表記するとき書籍ではカリラと書いてます。
 
 昔の話、、、。
 
 とあるバーにてメニューを見ながら。
 友人『何飲む?』
 私『カオルイラにするかな。』
 友人『え、何?』
 私『だからこのカオルイラにするかな。』
 友人『ぶひゃひゃひゃー。それカリラじゃん。ぶひゃひゃー。』
 わざとらしい笑いと共にバカにされました。
 
 そのときは、「そっかーこれカリラって読むんだ。」と思いました。
 でもその数年後本場のCaol Ilaの発音を聞きました。
 それは確かにカオルイラではありませんでしたが、カリラでもありませんでした。
 
 外国の言葉をカタカナで表記する自体無理が生じます。
 
 、、、あれ?
 何が言いたかったんだっけ?
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | その他酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

合成酒小町娘:札幌酒精

20080119090736.jpg 2008年1月23日新発売です。
 合成酒といえば酒を飲み始めの頃を思い出しました。
 そのころは酒の種類なんて何もわからず、お金もないのもあって合成酒を飲んでたこともありました。
 当時は安く酔えればなんでもよかったんですが、合成酒が何かもよくわからず安い清酒だと思って飲んでました。
 だからその後清酒と合成酒が別の種類だとわかるまでは、清酒は酔うだけの飲み物であっておいしいと思ったことはありませんでした。
 だからバイト代が入って懐が豊かになっても高い清酒を飲もうなんて思わなかったんです。
 同じような体験された方は多いと思うんですよね。
 そして清酒はまずいと思い込んで飲まなくなってしまうんです。
 なぜ合成酒が安いか知ってますか?
 詳しく書くと長くなるので簡単に書きます。
 清酒は作業工程が複雑で醗酵後も貯蔵して熟成させるための期間が必要です。
 合成酒はアルコールに糖分や調味料等を加えてできるもので、清酒に比べて作業工程も少ないうえ短期間でできる為安いんです。
 その二つを比べたらどっちがおいしいかなんて飲まなくても解かる気がしません?
 でも今回私が言いたいのは味のことじゃないんです。
 合成酒を清酒だと思って飲み始める若者がいることなんです。
 パッケージも名前も清酒と見間違える仕様はやめてもらえないでしょうかね?
 これは1社だけで改善できる問題ではないかも知れませんが本物を伝えることも必要じゃないですか?
 偽装ではないでしょうけど紛らわしいですよ。
 前にも言ったことありますが、わかって飲むならいいんですけどね。
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | その他酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。