2012年01月28日

桜ほの香 万上桜葉梅酒:マンズワイン

sakuhonok.JPG

 2012年2月新発売です。
 これも限定商品ずら。
 
 飲んでみるずら。
 
 うわっ、すっごいにおい。
 桜餅の香りがします。
 桜餅の香りがする梅酒でかなりくせがあります。
 これはちょっとくせがありすぎて私にはイマイチです。
 
 いやいや、これは飲みにくい。
 
 これ失敗作じゃないの?
 
 私にはどうしても桜餅ジュースの味です。
 桜餅が好きな方にはいいかもね。
 
 私?
 私はノーサンキュー!
 
 Luther Harris 『Black Feeling』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リキュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

生姜ぴりり 万上とろり生姜酒:マンズワイン

98724t.JPG

 2012年2月新発売です。
 これも昨日同様限定商品です。

 飲んでみました。
 
 おっ、生姜が効いてますなー。
 名前のとおりピリッと甘口です。
 
 、、、えっ?
 
 ピリッと甘口!?

 いや、そうなんですよ。
 リキュール自体は甘いんです。
 でもそれに生姜のピリッとした辛味が加わってるんです。
 いわばお酒版スイートチリソースです。

 まあこれはありです。
 最近飲んだ新製品の酒の中ではね。
 
 Big Boss Man 『Everybody Boogaloo』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リキュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

子宝 生とろ鳥海山麓ヨーグルト青ラベル:楯の川酒造

 これだから酒は面白い!
 またいい商品を見つけました。



 とある酒屋でみかけて気になり、店主に聞いてみるとヨーグルトを80%使用した珍しいリキュールでした。
 しかもこの青ラベルは要冷蔵の限定品。
 通常品は白いラベルで常温OKです。
 
 そこの酒屋ではもっきりもしており、その場で飲ませてもらいました。

y4guruu8.JPG

 うおーっ、すげー!
 濃厚なヨーグルトが舌に絡みます。
 美味い!
 
 ヨーグルトのお酒は今までも飲んでましたがこれははじめてのタイプです。
 ヨーグルト酒界のどぶろくです。
 
 調べてみると濃厚タイプのヨーグルト酒は他にもありますね。
 これは色々試してみなければ。
 ノーマークの分野だっただけに衝撃でした。
 
 酒は深いねー。

 Toni Braxton 『Breathe Again』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 20:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リキュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

チョーヤ ローヤルゼリーはちみつ梅酒:チョーヤ梅酒

royazeriiunh.JPG

 2011年9月20日リニューアル新発売です。
 原材料:梅(国産)、蜂蜜、醸造アルコール、ローヤルゼリー
 砂糖も使用していない蜂蜜だけで甘味をつけた梅酒です。
 
 飲んでみました。
 
 美味し!
 これだよこれ!
 私の求めていた梅酒は。
 梅とはちみつという自然素材だけで作り上げた梅酒です。
 まずいわけがない。
 
 甘味もありますが、はちみつなのでくどくないんです。
 砂糖の甘さとは一味違うね。
 香りも梅と蜂蜜のいい香りです。
 うめーなー。
 梅はうめー。
 
 今日はいいことがあったんです。
 ヨガでいつも出来なかったポーズが出来るようになったんです。
 やったー!
 体が人一倍硬い私でもやれば出来るんだ。
 先生のいうことを聞いてよかった。
 ”ポーズが出来なくてもいいんです。無理をせず自分のペースでいいんです。やろうとしていればいつか出来るようになります。やろうとしなければいつまで経っても出来ません。”
 いい教えだよね。
 ヨガだけでなく人生について学んだ気がします。
 ヨガってそういう部分もあるんですよね。
 
 さーて忘れないうちにもう一度やってみよっと。
 
 おしっ、よっと、うおりゃー!
 
 、、、あれっ?
 おっかしーなー。
 
 、、、出来ねえじゃん!
 
 Lee Carr 『Right or Wrong』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | リキュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

チョーヤ 極熟梅酒 熟リッチ:チョーヤ梅酒

jyukjuricyutr.JPG

 2011年9月20日新発売です。
 約1年間じっくりと熟成させた熟度の高い紀州産南高梅の梅酒と、ブランデー仕込みの梅酒を使用することで今までに無い濃密さを実現したそうです。
 
 飲んでみました。
 
 ほー、これはこれは。
 梅酒の濃厚な味わいが舌に絡みつきます。
 飲みこむと口中と喉に甘さが残ります。
 デザート感覚の梅酒ですな。
 食前酒としてもいけますね。
 
 これは結構いけるね。
 
 原材料:梅(国産)、砂糖、醸造アルコール、ブランデー
 
 チョーヤは梅にこだわっているのを知ってますか?
 梅にはA,B,C、、とランクがあり、チョーヤはAランクの梅しか使わないんです。
 他のメーカーでパックで安売りされているような梅酒は最低ランクの梅を使用しているところが多いんですがね。
 しかも安いパックの梅酒は酸味料なんかの添加物も入っています。
 こだわっためかチョーヤの梅酒は原料が高いため安売りはあまりしていないんですが、味は本物ですよ。
 
 難点をいえばちょっと甘すぎる。
 グラスに半分も飲めばもういっぱいいっぱいです。
 チョーヤさん、甘くない梅酒出して!
 
 そういえば我が家の梅酒の具合はどうかな?
 今年も漬けましたがそろそろ味見してみようかな。
 今年は5L瓶で3つ漬けました。
 ひとつは小梅で無糖ブランデー漬け。
 ひとつは梅、はちみつ、ラム漬け。
 ひとつは梅、はちみつ、原酒日本酒漬け。
 どれも美味そうだわい。
 
 今年はすべて変り種。
 色々な酒で作れるのが果実酒のいいところです。
 日本酒漬けが18度しかないので出来が心配ですがね。
 
 自家製酒作りは楽しいねー。
 簡単だからみなさんも作ってみてはどうですか?
 でも梅の季節は終わったんですがね。
 まあでも旬の果物で作れますから。
 
 みかんなんかの果実酒もおいしいですよ。
 自家製コアントローです。
 
 さてと、今日の記事はおしまい。
 自家製梅酒の味見をします。
 昨年は味見で一瓶開けた苦い思い出があるんで今年は本当にちょびっとにしておきます。
 
 Legacy 『Tongue Ya Down』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リキュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

キレイ梅酒:月桂冠

koraumenihuni.JPG

 2011年3月14日新発売です。
 コラーゲン入りの梅酒です。
 
 飲んでみました。
 
 うわっ、なんか雑味がすごいなー。
 コラーゲンのせいか、とろみも気になる。
 梅酒として考えればうまくないなー。
 
 しかも今日酔ってるし、、、。
 
 いや、今日ね飲み会だったんですよ。
 といっても1件で帰ってきたのでそれほどでもないですがね。
 だからまだ味覚は正常s¥れすよ、、、。
 
 うぃ〜、、、。
 
 もう飲めないるれ^、、、。
 
 Sizzla 『Dry Cry』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リキュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

ちょこっと贅沢 とうがらし梅酒:本家松浦酒造

umetougarakju.JPG

 2011年3月上旬新発売です。
 とうがらし入りの梅酒です。
 辛そうですね。
 
 飲んでみました。
 
 うおっ!
 口に入れた瞬間に辛さが口全体に広がります。
 これは辛い!
 もう一口飲むと、喉や鼻にも辛さが伝わります。
 梅酒の甘みととうがらしの辛味が合わさり面白い味わいです。
 
 これを飲んでて思い出したのが”チリビール”。
 唐辛子入りのビールで日本でも人気のあった輸入ビールでしたね。
 チリビールを製造していた工場が倒産してから3年経ちます。
 まだ出てこないところを見ると助ける企業が現れんかったんですかね?
 
 いやー、でも手に入らなくなると思えば飲みたくなります。
 そんなにチリビールは飲んでいませんでしたが、多国籍料理店でたまに飲むチリビールは雰囲気がありましたよね。
 また作って欲しいです。

 、、、でも1本飲めば十分ですがね。
 
 LYRICSON 『Night and day』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リキュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

黒豆マッコリ:眞露

kurojinmakoi.JPG

 2010年3月上旬新発売です。
 眞露から黒豆マッコリの登場です。
 
 飲んでみました。
 
 黒豆の香ばしい味がします。
 普通のマッコリと比べるとくせがありますね。
 売れ筋の眞露マッコリの黒豆バージョンですから売れそうですね。
 でもまずい、、、。
 
 本当にマッコリは私の口にはあいません。
 なんでこんなに売れるかわかりません。
 甘味料を使用しているマッコリは甘味料嫌いの私には毒ですな。
 でも韓国で飲んだマッコリはおいしかった記憶があります。
 
 日本では少ないですが米、米麹だけでつくった純米のマッコリもあります。
 それだと麹の自然な甘みがあり悪くはありません。
 でも、、、、米、米麹でつくるのなら、日本酒があるではありませんか。
 純米のマッコリを飲むなら、私は純米の日本酒を飲みますね。
 
 いやー、まいった、、、。
 足の小指が痛い、、、。
 痛風じゃないですよ。
 いや、さっきね、マッコリを取りに冷蔵庫に行ったところ、食器棚の角に足の小指をぶつけたんです。
 電撃が体じゅうに走りましたよ。
 うずくまりながら、靴下を脱ぐと小指の爪が割れてる、、、。
 うえーーん、痛いよー!
 傷を見ると痛さが増します。
 
 小さいころに血を見て泣き出すのと同じですね。
 それまで平気だったのに、血が出ているのを見た瞬間に痛さ100倍です。
 突然泣き出すんですよね。
 子供のころありませんでした?
 
 Marvelous Mag 『Take My Time』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リキュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

ゆず酒ハイボール:黄桜

yuzuhaig.JPG

 2011年3月上旬新発売です。
 日本酒ハイボールを出して新たな市場を築いた黄桜から、日本酒ベースのハイボールシリーズの第3弾”ゆず酒ハイボール”の登場です。
 
 飲んでみました。
 
 あっ、うまい。
 ゆずの爽やかな香りと味がいいですねー。
 日本酒臭さもいい意味でなく、甘みもくどくない。
 いいバランスで仕上がっています。
 これ、売れるかも。
 
 原材料:清酒、糖類、ゆず果汁、炭酸ガス
 アルコール6%
 
 いいですねー。
 よけいな添加物を使用していないのが好感を持てます。
 個人的にはもう少しアルコール度数が高いほうが好きですが、まあ最近の低アルコール路線から比べるとまあいいでしょう。
 
 この手の酒では久しぶりに褒めたなー。
 たまには褒められる酒もないとね。
 
 今日の昼間に私のブログを愛読してくれている友人から電話があったんです。
 ”本当にいつも辛口だよねー。褒めてるの見たことないよ。”ってね。
 
 おーい、今日の記事見とるかー?
 べたぼめやでー。
 
 和田裕美  『まんじゅうソング』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リキュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

マンジョウ 梅酒日和:キッコーマン

umwsbiyiu8.JPG

 2011年2月22日新発売です。
 国産梅100%使用の低価格のパック梅酒です。
 
 飲んでみました。
 
 梅のコクは薄いかな?
 どちらかといえばサラッとしたタイプですが、甘みはしっかりあります。
 ただ、どのメーカーの商品にも言えますが人工的な梅酒の味わいは好きにはなれません。

 原材料:梅、スピリッツ、醸造アルコール、ブランデー、糖類、酸味料、香料、カラメル色素
 容量:2L
 アルコール分:8%
 
 ちなみに我が家の無糖自家製梅酒の原材料:オーガニック梅、35°ホワイトリカー
 
 比較すると歴然じゃないですか。
 梅酒を家庭で作る方は多いと思いますが、これに足してもせいぜい氷砂糖くらいですよ。
 市販の梅酒はよけいな添加物が多いんですよね。
 酸味料、香料、カラメル色素はいらんなー。
 
 昔ねー、チョーヤの梅酒紀州を部屋にこぼした友人がいたんです。
 あれ最悪ですよ。
 臭いし、ベトベトがとれない!
 あっ、書いてて思い出したんですが私も小学生のころ自家製梅酒を割ったことがあるんです。
 夜に親父から電話が来て、今から客を連れて行くといったんです。
 母はあせってほれー、かたずけなさーい!
 と、私も手伝ったんですが、そのときに居間にあった梅酒の瓶をかたずけようとして割ったんですねー、私が。
 それからは修羅場ですよ。
 ”あんたー、何やってんのー!”
 と母の罵声が飛び、私は泣き叫ぶ。
 掃除機をかけ破片を拾い、雑巾で拭く。
 親父がお客さんと帰ってきたときには私はまだひっくひっくと泣いていました。
 親父とお客さんは笑っていましたが、私と母はしょんぼりでした。
 今となっては懐かしい思い出です。
 
 Macklemore 『I Said Hey』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | リキュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

三州梅酒:角谷文治郎商店



 これは昨日紹介した梅酒の辛口バージョンです。
 個人的にはこちらのほうが好みです。
 
 辛口といってもそれなりに自然の甘味はあるので、飲みやすいですよ。
 梅酒の中では辛口ですが、それなりに甘味があるので本当に甘くない梅酒を飲みたい方にはむかないかも。
 そういう方は自家製の無糖梅酒を作るしかないですね。
 
 うちにはホワイトリカーに国産有機梅をつけた、まったく甘くない梅酒が漬かっています。
 エキスが出るのに時間がかかりますが、糖分0でも作ることはできますよ。
 
 いやー、まいった。
 飲み会が本当に連続です。
 体重が少し増えたんですよね。
 といっても、去年の今頃よりは10キロ以上少ないですがね。
 体質が変わったのか、リバウンドはしなそうですね。
 だって、食って飲んで寝ての毎日でも太らないですから。
 飲みにいくと結構食べますからね、私。
 〆のラーメンも食べています。
 この間も5日連続飲み会があったのに体重は微増。
 一時的に顔がむくんだりはありますが、大きな変化はみられません。
 なんか、やせるより太るほうが大変だね。
 
 よーし、明日も飲むぞー!
 
 、、、1年後大リバウンドしてたりして、、、。
 はは、まさかな、、、ははは、、、、。
 
 Cool Spoon 『Assembler』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リキュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

三州梅酒 10:角谷文治郎商店



 これ、やばいっすよ。
 なんとみりんに漬けた梅酒です。
 みりんといっても無添加の本格みりん。
 もちろん砂糖類は入っていません。
 それなのにこの甘味。
 醸造で得られた米の甘味です。
 
 半年くら前にお店の人から勧められてからの愛飲です。
 甘くない梅酒を探していたんですが、これ甘いけどいけるよ。と、勧められたのが始めです。
 店主いわく”これはね、砂糖の甘さじゃないんだよ。甘くていやだというのは砂糖や甘味料の甘味だろ?じゃあこれ飲んでみな。”
 
 あー、確かに。
 果物の甘味はどんなに甘くてもおいしいですもんね。
 どれどれ自然の甘味を楽しむか、と買ってからのファンです。
 
 これねー、本当にうまい!
 通なら知る人ぞ知るあの三河みりんの商品ですから。
 まずい訳がない!
 
 飲むとまず普段飲んでる梅酒との違いがわかります。
 何これ?でしょうね。
 濃厚で今までにない味わい。
 濃厚なのに梅の酸味がしっかりある。
 これは梅酒好きには飲んでほしい1本です。
 
 でも、ひとつ言うと。
 なんだかんだ言っても自家製の梅酒が一番です。
 自分で梅酒を漬けて見て下さい。
 自家製なのでレシピも自由です。
 作ったり、熟成を待つ楽しみもありますしね。

 いやーうまいうまい。
 今日はやけ酒じゃー!
 、、、ん?何でかって?
 
 あ、いやー、、、あっ、あのー、、、ちょっとね、、、。
 いや、気の迷いというか何というか、、、。
 ちょっとあぶく銭が入ったもんだからね、、、パチンコをちょっとね、、、。
 で、ちょっとのつもりがねー。
 わかるよねー?
 気づいたら○万円。
 
 、、、誰かわしを止めてくれんかねー?
 
 高木完 『SMOKIN with Cool』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リキュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

養命酒

 ふいー、風邪が治らないのねん。
 もう大分調子はいいんだけど、食欲がないのとまだせきがでるんです。
 熱は下がって、喉の痛みもとれましたがね。
 
 調子が良くなってくると酒が飲みたくなってきます。
 昨日はタマゴ酒を作って飲んで寝ました。
 今日はどうしよっかなー?
 
 あれでも飲むか。



 養命酒です。
 
 これならいいよね?
 ダメ?

 グビッグビッ、プハー!
 食欲はないのに酒は飲めます。
 根っからの酒好きです。
 
 養命酒は度数が14度もあるので注意が必要なんです。
 私は昔、養命酒を飲みすぎてべろんべろんに酔ったことがあります。
 そんなに飲むもんじゃないじゃん!という友人の忠告も聞き入れずに飲んでました。
 『うるへー!健康になりたいんじゃー!長生きしたいんじゃー!のませっろー、のませっろー!』と訳のわからないことを叫びながら1本開けました。
 そして養命酒がなくなると、”養命酒の代わりにモルトを飲む!モルトはクスリだ!”とまた訳のわからないことを言いながらモルトをしこたま飲んでました。
 
 結果、、、、相当ひどい二日酔いになったことは言うまでもありません。
 
 バカだねー。 
 あの頃はバカだったなー。
 今なら考えられませんな。
 
 、、、あれっ?養命酒がもうないじゃん!
 なーにー、せっかくいい気分で飲んでいたのにー!
 代わりにモルトでも飲もーっと。
 モルトはクスリですからね。
 
 Blackstreet 『Joy』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リキュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

APEROL(アペロール):サントリー

aperoruk.jpg

 2010年10月5日新発売です。
 イタリア産のリキュールです。
 並行輸入等では前からありましたが、サントリーが扱うことになったんですね。
 
 飲んでみました。
 
 甘苦い味で独特の薬臭さがありますね。
 アルコールは11%と低いためストレートでも飲めますね。
 養命酒やカンパリが好きな方にはいいんじゃないでしょうか?
 
 リキュールはこの色も特徴ですが、多くのリキュールで着色料で色つけされています。
 アペロールももちろんそうです。
 リキュールにはまってよく飲んでいた時期もありますが、着色料が嫌で今はあまり飲みません。
 きれいな色のリキュールを見たら要注意ですよ。
 
 着色料は安全にかかわらず嫌いなんですよ。
 だって別に色付ける必要ないじゃん!
 本来の色でいいと思いません?
 
 赤飯だって家で作ればあずきの色だけですが、市販の多くは着色料できれいにみせています。
 ゆでだこだってあんなに赤いのは着色料です。
 真っ赤な明太子だってそうです。
 
 上で挙げた3つはすべて赤ですが、黄色、青、緑、それらを組み合わせたものなど例を挙げればきりがありません。
 別に私がここで書かなくてもスーパー等で袋に書いてある表示をみればすぐにわかりますよ。
 着色料は表示義務がありますから。
 
 ふー。
 ほえたらお腹がすいてきました。
 さてと、今日は真っ赤なウインナーでも食べるかな、、、。
 
 Ronny Jordan 『Keep your head up』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リキュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

贅沢ジュレのお酒〈マンゴー〉:サントリー

 人間、忘れるからこそ生きていけるのだ。
 深い悲しみ、大きな失敗、耐え難い屈辱、大怪我の痛み、病気の苦しみ、、、。
 すべて今日のことのように覚えていたらとても耐えられないだろう。
 by 酔分補給

zeitakumang2.JPG

 2010年6月22日新発売です。
 、、、あれっ?
 今日じゃん!
 また冷蔵庫の奥に入れっぱなしで記事書くの忘れてました。
 ちょっと面白い商品なんで、大事に取って置いたのがあだになりました。
 
 ふー、とりあえず落ち着いて。
 
 “デザート×酒”という新しい発想で生まれたゼリータイプのお酒です。
 マンゴーの果肉を使用し、振って飲むお酒です。
 季節限定商品です。

 飲んでみました。
 ちなみに振る回数によって違った食感が楽しめるようですが、私は飲み応えがあるのが好きなので軽めに振りました。
 
 ほー、面白い食感ですね。
 軽めに振ったのでごろっとした食感が楽しめます。
 味は甘いマンゴゼリーですが、酒のおかげで甘辛感があります。
 ゼリー版ウイスキーボンボンという感じですかね?
 大人のデザートというキャッチコピーがはまってます。
 
 私は好みではありませんが、これはありじゃないかな?
 スイーツも酒も好き!という方は楽しめる。
 私は買いませんがね。
 
 この商品のいいところはボトル缶なので振り足りなければもう一度ふたをして振れるところです。
 私は買いませんがね。
 
 、、、あっ、やっべー。
 昨日サントリーの悪口書いてる最中に怪奇現象起こったんだ。
 すんません、うそですサントリーさん。
 でも、私は買いませんがね。
 
 ”ガタガタッ!”
 
 、、、えっ、今なんか音した?
 うぎゃー!助けてくれー!
 
 ・・・・・・・
 6月7日プリンスの誕生日に新曲が発表されました。
 殿下も52歳になるんです!
 で、その新曲"Hot Summer"の出来は、、、うーん、プリンスらしくない。
 今回は衝撃度が低いなー。
 セクシー路線を止めるといっていたが、曲までおとなしくすることないんじゃないかなー。
 
 今日貼り付ける曲は18年前の曲ですが、今聞いてもかなりいい!
 かなりのファンクっぷりである。
 ピストル型のゴールドのマイクがいかしている!
 ヘタウマなダンスがいい!
 訳のわからない文様の入ったスーツがいい!
 とにかくすべていいのである。
 4分42秒から始まるギターのフレーズが最高で、私はこのフレーズを耳コピしてしょっちゅう弾いていたものである。
 
 この曲を出す前年にプリンスは”get off”という最高の曲を出していた。
 私はこの曲を出してしまったら次の曲は大変だろうなーと思っていた。
 しかしその心配はこの曲を聴いて吹っ飛んだ。
 プリンスの最高傑作の一つ”Sexy M.F.”である。
 
 Prince 『Sexy M.F.』
 続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リキュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

梅酒ハイボール:黄桜

 出たー!
 2匹目のドジョウを狙っているんでしょうか?

umehaibtr.JPG

 2010年6月22日新発売です。
 日本酒ハイボールの第2弾、日本酒仕立ての梅酒ハイボールです。
 
 飲んでみました。
 
 ほのかな梅と日本酒の味わいがあり、飲みやすいんですが薄い!
 日本酒ベースでアルコール4%というところが飲み応えとしてはいまいちかな?
 でも甘すぎないところは好感が持てますね。
 食事と合わせやすいですね。
 
 日本酒ハイボールが好調のようですから、シリーズ化したい考えがカッパの黄桜にはあるのかな?
 次はマッコリハイボール、、、なーんてね。
 
 、、、あれ?
 それ、いい考えじゃん!
 マッコリハイボール!
 マッコリが売れてますからね。
 試しに調べてみたら今のところそんな商品はありません。
 えーと、今日は2010年6月20日。
 出たらすごいなー。
 
 ICE T 『Mind Over Matter』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リキュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

本物のアブサンが飲みたい。



 アブサンってお酒知ってます?
 有名なお酒ですから名前は聞いたことあるかも知れません。
 あるいは飲んだことあるよという方もいるでしょう。
 しかし残念ながら本物のアブサンは約100年前に製造が中止されています。
 
 数々の著名人にも愛された酒、アブサン。
 ゴッホも愛飲していたようです。
 しかしこの酒は麻薬のような成分があり、幻覚を見るとして製造が中止されました。
 ただそれはどうなんでしょうね?
 度数が高いリキュールですからねー、べろべろに酔っ払っておかしな行動をした人もいるでしょうから。

 indigo jam unit 『AdrenaLine』

 
 この前とあるバーに行くとアブサンが数種類並んでいた。
 珍しいのでマスターに話を聴いた。
 私『これだけアブサンを揃えているのは珍しいですね。』
 マスター『うーん、そうですねー。』
 なぜか歯切れの悪い答え。
 私『これがアブサンだというのを飲ませてもらえますか?』
 マスター『、、、あれ?お客さん、アブサン好きなんですか?』
 私『好きというより本物のアブサンを飲んだことがないんですよ。当時と同じアブサンを飲んでみたいんですよ。』
 マスター『、、、はー、そうですよね。実は私もそうなんですよ。本物のアブサンを飲みたくてあれこれ買っているうちにこれだけ揃ったんですがね、、、。でもお客さんの求めているアブサンはこの中にありません。私の求めているアブサンもありませんから。』
 私『ははは、随分正直ですね。ワンショット逃しましたよ。じゃあ一番のお勧めでいいので飲ませてもらえます?』
 マスター『気に入るかどうかわかりませんが、、、。』
 そう言ってマスターは1本のアブサンを取り出し私の目に前にショットグラスを出し注いだ。
 私が飲もうとすると、、、。
 マスターはそれを制止し、アブサンと書かれたミニボトルを取り出し、その中身をそこに垂らした。
 マスターはアブサンの中に別なアブサンをブレンドしたのだ。
 マスター『気に入るかどうかわかりませんが、、、アブサンです。』
 私はそのアブサンを一口。
 私『ふー、うまい。』
 自然と口から言葉が出た。
 もちろんそのアブサンは当時のアブサンではない。
 だが、マスターの人柄と二つのアブサンをブレンドするという私が考えもしなかった方法でアブサンをいただくことができた。
 そのアブサンは私がいままで飲んだどんなアブサンよりも美味かった。続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | リキュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

ハーブの恵み:養命酒製造

habumegumq.JPG

 2010年3月8日新発売です。
 酒屋で販売されていた”養命酒”が終売になり、代わりに”ハーブの恵み”が発売されます。
 ちなみに薬局で販売されている”薬用養命酒”は販売継続です。
 知らなかった人も多いでしょうが、実は薬局で買う養命酒と酒屋で買う養命酒は別なものだったんです。
 パッケージもほとんど変わらないため紛らわしかったんですがね。
 
 飲んでみました。
 
 味は養命酒の味を引き継いでいますが、飲みやすくなっています。
 薬臭さが軽減されていますね。
 今までの養命酒と違った楽しみ方が出来そうです。
 他のリキュールみたいに割り材として使ったりね。
 これを使ったカクテルなんかも面白いんじゃないかな。
 
 ただ今まで養命酒を買っていた人がこれを買うかといえば疑問ですね。
 体にいいからという理由で飲んでいた人がほとんどだと思うんですよ。
 ただこのハーブの恵みにはそんなイメージがあまりないです。
 いい成分は入ってますが、今まで酒屋で養命酒を買っていた人は今度は薬局で買うのかなと思います。
 だから別のユーザーを開拓しないとこの商品は生き残れないでしょうね。
 
 そういえば昔のアホ話を思い出しました。
 健康にいいというから養命酒を買ってきてその日のうちに1本空けたんです。
 始めは少しのつもりだったんですが、口当たりがいいから止まらなかったんですな。
 気づいたら空でした。
 当然次の日は二日酔い。
 これじゃあ逆効果だよ。
 ばかだねー。
 
 Shakatak 『Invitations』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | リキュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

万上 とろ〜り梅酒:キッコーマン

mjumev.JPG
 
 2010年2月18日新発売です。
 国産梅100%使用の梅酒です。
 
 飲んでみました。
 
 名前の通りとろーっとしてますね。
 そのせいか、梅酒の甘ったるさがさらにきてます。
 甘すぎて喉にくるなー。
 
 原材料:梅、醸造アルコール、糖類、増粘剤(ペクチン)
 
 どうやってこのとろみを出したかと思ってよく見たらペクチンかい!
 熟成とかじゃないのね。
 ちょっとがっかりでした。
 でもパックの薄い梅酒よりは好きですがね。
 
 全然関係ない話ですが、梅酒こぼしたことあります?
 私は昔やったんですが最悪なんですよね。
 ベトベトするわ甘い臭いするわでしばらくとれないんです。
 梅酒はこぼさないほうがいいですよ。
 
 マイケルジャクソンの映画”This is it"にも出ていたギタリストがデビューしましたね。
 さすがマイケルが認めただけあってすごいです。
 これから注目されるんでしょうね。
 
 Orianthi 『According To You』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | リキュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

薫梅酒 たる梅:京姫酒造

kyotazp.JPG
 
 2010年2月17日新発売です。
 シェリー樽で熟成させたという珍しい梅酒です。
 
 飲んでみました。
 
 おっ、シェリーと梅のいい香りがします。
 安いパックの梅酒と違い、甘ったるいだけじゃないコクもしっかりあります。
 いや、うめーなこれ。梅だけに。(おやじギャグ)
 今まで飲んだことのない梅酒です。
 あっさりタイプではなく、香りとコクにこだわった味わいは好感が持てます。
 これはワイングラスやブランデーグラスが似合う梅酒ですな。
 コップは似合いません。
 
 写真は見本で100mlしか入ってません。
 すぐに飲んでしまいました。
 もっと飲ませろー!
 ういぃー、、、。(酔っ払い)
 
 2月9日から続けていたサブライムの曲も今日で終わりにします。
 いい曲がなくなった訳ではないですよ。
 きりがないからです。
 この曲は当初”40 Oz. to Freedom”というアルバムのシークレットトラックとして入っていたものです。
 クレジットされている最後の曲からしばらく無音が続き、おもむろに始まるんです。
 私も始めは気づきませんでした。
 カバーですが名曲ですな。
 
 Sublime 『Rivers of Babylon』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | リキュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。