2010年09月23日

アロマックス プレミアムゴールド:ポッカ

pokarrig.JPG

 2010年9月27日リニューアル新発売です。
 ”プレミアム”とありますが、小売価格は昨日までの2品と同じです。
 
 飲んでみました。
 
 あれっ?
 昨日の微糖より甘くない。
 プレミアムは甘味料を使用していないのでこの差が出たかな。
 甘味料を使うと甘さが増しますからね。
 ねっとりしたミルク感はいただけませんね。
 香料を使用していませんが、コーヒーの香りはしっかりあります。
 でもあまりプレミアム感はありませんね。
 
 苦味と酸味のバランスがいいだけに、このねっとりしたミルク感が残念です。
 
 原材料:コーヒー、砂糖、牛乳脱脂粉乳クリーム、デキストリン、カゼインNa、乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、セルロース
 
 原材料を見て納得です。
 ここまでミルク感を出す材料が入っていますから。
 
 昨日と同じでいいのは缶のまま飲んだときの飲み応えくらいかな。
 
 缶コーヒー開ける前に迷うことありません?
 振るのか振らないのか。
 これねー、商品によって違うんでたちが悪い。
 振ってくださいと振らないで下さいと何も書いていないの3種類があるんです。
 それぞれ理由がありますが、これ、業界で統一ルール作れませんかね?
 恐らく何も考えずに飲んで、後で缶の注意書きに気づく人は多いんじゃないですか?
 もしくはまったく気づかず飲んでいたとかね。
 私のように缶の隅々まで読む奇特な人は少ないはずです。
 表示は情報の宝庫なんで読むと面白いんですがね、、、私だけ?
 
 例えばコーヒーだと思っていたものがコーヒーじゃなかったりね。
 缶コーヒーには必ず名称が入っています。
 ところが表示を見ると商品によって”コーヒー””コーヒー飲料””乳飲料”などの文字が。
 乳飲料でも香料でコーヒーの香りをつければコーヒー味になりますからね。
 面白いでしょ?
 
 東京スカパラダイスオーケストラ 『Pride Of Lions』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 缶コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

アロマックス リッチ エスプレッソ微糖:ポッカ

arbiafihi.JPG

 2010年9月27日リニューアル新発売です。
 以前からあった”アロマックス エスプレッソ微糖”に”リッチ”という名前が加わりました。
 
 飲んでみました。
 
 微糖はなんとなくわかりますが、エスプレッソというほど苦味がないかな。
 エスプレッソというと深いコクと苦味が特徴じゃないですか。
 それは再現できていないですな。
 ミルク感が強いのも気になります。
 どこらへんが”リッチ”なんでしょうか?
 
 昨日同じシリーズのブラックを褒めたばかりなのに残念です。
 
 褒めどころはありますよ。
 飲み口が広いので、カップで飲むときのように口全体で飲むことが出来るんです。
 私はコーヒーでもビールでもそうなんですが、缶のまま飲むのは好きではないんです。
 あの狭い隙間から出てくるビールはおいしくない!
 飲み口は広いほうがいいんです。
 だから私は缶コーヒーを飲むときでもカップにあけてから飲んだりします。
 あんまりやる人はいないでしょうが、味わいは変わりますのでお試しあれ。
 
 昨日友人と飲みに行き”離婚式”の話になったんです。
 知ってます?
 その名の通り離婚する夫婦が行う式で友人等を集めて行います。
 離婚後も友人知人との関係を大切にしたいと考える元夫婦が行うようです。
 結婚指輪をハンマーでたたきつぶすという最後の共同作業もあるようですよ。
 
 話題になっているのでニュース等で見た方もいると思いますが笑えますね。
 よくやるよ。
 まじめな顔で友人代表が”このたびは離婚おめでとうございます。”とか言ってるんですよ。
 司会の人が離婚に至った経緯なんかを話しますが、葬式のような雰囲気でまじめに聞いている姿は失笑です。
 
 何なんだろうね?
 離婚もマニュアルがないと安心できないのかね?
 ”離婚式””をする夫婦は、そんなんだから離婚するんじゃないの?
 もし万が一呼ばれても行きませんね。
 
 、、、いや、やっぱり面白そうだから行くかな?
 結婚式をぶち壊すの逆で、酔っ払って離婚式をぶち壊したりして。
 騒いでいる私を見て元夫婦がやり直そうとか言っちゃったりしてね。
 会場から追い出される私の後ろでは仲直りした元夫婦に拍手が巻き起こるんです。
 私は『何だ、この茶番劇は!』なんて叫びながら会場を後にするんです。
 妄想は膨らみますな。
 
 今日も本題よりそれた話のほうが記事が長い。
 まあ、いつものことです。
 
 Matata 『I Feel Funky』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 缶コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

ポッカ アロマックス クオリティー ブラック:ポッカ

aromaqqburg.JPG
 
 2010年9月27日リニューアル新発売です。
 商品名に”クオリティー”が付きました。
 
 飲んでみました。
 
 ふたを開けるとコーヒーのいい香りがただよってきます。
 飲み口が広いのでフワーッときますね。
 味も薄い感じはないですね。
 これも飲み口が広いのがいいみたいで、一気に口に入ってくるので飲み応えがあります。
 これはいいですね。
 
 原材料:コーヒー
 
 いいですねー。
 香りがいいのは香料じゃなかったんですね。
 久しぶりに缶コーヒーの中では当たりに出会いました。
 
 私は缶コーヒーは飲むならブラックです。
 砂糖もミルクもいりません。
 男はだまってブラックコーヒー!
 
 今日は信号無視をするとんでもない車を見ました。
 交差点で赤信号だったんで立ち止まっていたんです。
 すると後ろから来た車が赤信号にもかかわらずゆっくりと私の前を左折して行ったんです。
 えっ?
 青から赤信号にかわったばかりでもないし何で?
 一応車道側の信号も見ましたが思いっきり赤です。
 しかも信号待ちをしていたのは私のほかに子供づれの親子もいたんです。
 これは教育に良くない!
 運転席を見ると50代くらいのおばちゃんでした。
 何やってんだかなー?
 
 Bibio 『Lover's Carvings』

 続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 缶コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

ドトール 贅沢カフェオレ 微糖:JT

biyokag.JPG

 2010年9月20日新発売です。
 ドトールとJTが共同開発した微糖のカフェオレです。
 珍しいですね、微糖のカフェオレって。
 糖類47%カットらしいです。
 
 飲んでみました。
 
 確かにコーヒー感は増していますね。
 でもまだ甘くなくてもいいなー。
 これで糖類47%カットしてるの?
 
 原材料:濃縮乳、コーヒー、水飴、砂糖、全粉乳、デキストリン、クリーム、乳化剤、香料、安定剤(カラギナン)、甘味料(アセスルファムK)
 容量:340ml
 JAN:4902210531694
 
 やっぱりなー、甘味料で甘さを調節してますね。
 これがクセモノなんですよねー。
 甘味料は糖類に入らないんです。
 ずるいよね。
 だから微糖、糖質オフ、甘さ控えめとか書いている商品にはたいてい甘味料が使われているんです。
 ずるいよね。
 
 あっ、ずるいよねって2回書いちゃった、、。
 でもそのくらいずるいんです。
 
 ずるい話で思い出す話があります。
 あれはまだ幼稚園にも入る前だったなー、、、。

 私が家の前で遊んでいると外人のおじさんに話しかけられたんです。
 近くの教会で日曜日にお話をしてるから友達をさそって遊びにおいでというんです。
 好奇心旺盛な私は近所の友達と二人で行ってもいい?と母に聞くと、OKがでました。
 行くと神様の話とお祈りをした後おやつと外国の切手(消印つきのですがね。)をくれるので、それから行くようになりました。
 するとその話を聞きつけた(私が話したかもしれませんが、昔のことなので覚えていません。)近所の悪ガキ共が俺も行く、俺も行くと言い出したんです。
 私は次の日曜に迎えに行く約束をして、行きました。
 すると神父さんは大勢の子供が来たのによろこんでか『今日みんなを誘ったのは誰だい?』と聴きました。
 すると年上のいじめっ子が手を上げたんです。
 神父はその子に沢山のおやつをあげたんです。
 それを見た私は『神様は全然見ていないじゃん。』と思ったのを覚えています。
 その後神様をまったく信じなくなったのはいうまでもありません。
 でもずるかったなー、あのクソガキ!
 
 India Arie 『Beautiful』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 缶コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

ドトール カフェオレ:JT

koto-ruote.JPG

 2010年9月20日リニューアル新発売です。
 コーヒー豆と乳素材を増量し更に香り高く飲みごたえのある味わいにリニューアルしたそうです。

 飲んでみました。
 
 苦味と甘みとクリーミーさがちょうどいい感じですね。
 これはこれでバランスはとれています。
 細かい点をいうと不自然なとろみともう少し甘くなくてもという思いはありますがね。
 
 私は瓶のコーヒー牛乳が好きなんですよ。
 あの子供の頃でも飲めた甘いコーヒー牛乳。
 それに近い味わいのカフェオレは嫌いではないですね。
 
 原材料:砂糖、濃縮乳、コーヒー、全粉乳、水飴、デキストリン、乳化剤、安定剤(カラギナン)
 容量:500ml
 JAN:4902210508191
 
 私はコーヒー牛乳も家で作ります。
 母親がよく作ってくれていて、今でも実家に帰ると作ってくれます。
 自分の好みで作れるコーヒー牛乳はおいしいですよ。
 
 レシピは説明するまでもないですが、自分の好みのコーヒーを淹れ、温めた牛乳で割ってはちみつを垂らして出来上がりです。
 私は甘みをつけるときにはほぼはちみつです。
 砂糖はあまり使いませんね。
 それと牛乳のかわりに豆乳でもおいしいですよ。
 と、言うより私はほとんど豆乳で作ります。
 コーヒーも豆ですから豆乳とは相性がいいんですよ。
 興味のあるかたはコーヒー豆乳を作って飲んでみてね。
 
 Wali and the Afro Caravan 『Hail the King』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 缶コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

ドトール 濃厚ココア:JT

dtnoukko.JPG

 2010年9月20日新発売です。
 ドトールの名前を冠したココアです。
 
 飲んでみました。
 
 うおっ、かなりどろーっとしています。
 濃厚ですねー。
 何かつくられたとろみのような感じはありますがね。
 ココアの味わいはしっかりありますが、それ以上に甘口です。
 ちょっと濃すぎるなー。
 もう少し薄めでもいいんでない?
 
 私はココアを家で飲むときは純粋にココアと牛乳(豆乳)だけで楽しみます。
 砂糖は入れずに、たまに少量のはちみつを垂らす程度です。
 甘くないココアをホットで飲むとおいしいですよ。
 
 そんな私にとっては190mlでも飲むのがきつかったです。
 
 原材料:砂糖、ココアパウダー、全粉乳、濃縮乳、デキストリン、食塩、セルロース、乳化剤、香料、安定剤(増粘多糖類)、酸化防止剤(V.C,V.E)、(原材料の一部に大豆を含む)
 容量:190g
 JAN:4902210532295
 
 私はドトールでココアを飲んだことがありますが、こんな味だったっけなー?
 
 最近たまに行くカフェでオーガニックのココアがあるんです。
 そこのココアが絶品でねー。
 頼んで作り方を教えてもらったんですよ。
 家庭で出来るやつなんで店のとは若干レシピが違いますがね。
 ココアパウダー(純粋なココアです。砂糖入りは不可)、はちみつ、水を同量づつ鍋に入れ、火をかけて混ぜ溶かします。
 それを温めたミルクに好みの分量を溶かして出来上がりです。
 これがうまい!
 カフェの味が家庭で味わえますよ。
 
 書いていたら飲みたくなってきました。
 よだれじゅるるー。
 
 Roger Damawuzan 『Wait For Me』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 缶コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

ルーツ クリーミーカフェ:JT

rrttuuykyyu.JPG

 2010年9月13日新発売です。
 コーヒー飲料に分類されるカフェオレです。
 
 飲んでみました。
 
 甘っ!
 しかもクリーム感がくどい。
 まあクリーミーカフェという名前にうそはありませんがね。
 でも普段ブラックがほとんどの私には甘すぎです。
 しかも280mlという容量。
 私には多すぎました。
 すいません、残します。
 
 原材料:砂糖、コーヒー、全粉乳、濃縮乳、水飴、デキストリン、クリーム、乳化剤、香料、酸化防止剤(V.C、V.E)
 容量:280g
 JAN:492210533490
 
 コーヒー飲料って何かわかります?
 簡単にいうとコーヒーの含有量が少ないとコーヒーとは名乗れず、”コーヒー飲料”になります。
 さらにコーヒーの含有量が少ない”乳飲料”という分類の商品もあります。
 缶やペットに表記されていますので、気にしてみると面白いですよ。
 コーヒーだと思っていたのに、よく見たら乳飲料だったとかね。
 香料でコーヒーの香りを強く出せば乳飲料でもコーヒーっぽくなりますからね。
 
 最近パソコンの調子が悪いんです。
 アドウエアが発見されましたとしょっちゅう警告が出てくるんです。
 しかも消しても消しても。
 何なのこれ?
 そろそろ買い換えろってこと?
 それとも私がバカなの?
 、、、両方かも、、、。

 Nicki Minaj 『Your Love』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 缶コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

ルーツ「ローストワン ジ・オールド」:JT

biburaku.JPG

 2010年7月5日新発売です。
 缶の文字を見て、、、もう一度見ました。
 ”微糖ブラック”
 何それ?
 砂糖入っていたらブラックじゃないじゃん!
 
 とりあえず納得できぬまま飲んでみました。
 
 あー、思ったほど悪くはないですね。
 原材料がコーヒーと砂糖のみ。
 ルーツにしては珍しく香料や添加物が入っていません。
 酸味が効いているコーヒーですが、微糖のおかげで飲みやすくなっています。
 
 でも私は無糖のほうがよかったなー。
 ルーツはいつも今一歩のところでやらかすんだよね。
 ブラックなのに香料入れたりとかね。
 面白い会社だねJTは。
 
 何か久しぶりに新製品のレビュー書いてます。
 ずっと断食体験の話でしたからね。
 
 さてと、今日は久々に酒を飲みます。
 記事も書いたことだしまずはビール!
 ゴクッゴクッゴクッ、、、プハー、う、うめー!
 一週間ぶりのアルコールは効きますなー!
 もう、酔ってきたるれ、、、。
 
 Ravi Shankar 『Mangalam』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 缶コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

ドトール「アイスコーヒー 微糖」:JT

dotojt.JPG

 2010年6月7日新発売です。
 「DOUTOR」のロゴが入ったJTとドトールの共同開発商品です。
 
 飲んでみました。
 
 コクと苦味はしっかりしてますね。
 500mlペットにしては薄い感じはなく、コーヒー感もしっかりあります。
 基本的に無糖が好きなので甘みがよけいですがね。
 まあでもよく出来ているほうです。
 ドトールの豆と技術がよかったのかな?
 
 ドトールはカフェの中では安いほうじゃないですか。
 だからそこそこの味のペットボトルのコーヒーが出てもイメージは崩れないんじゃないかな?
 これがスターバックスのロゴだったらもう少しハードルは高いでしょうがね。
 ドトールだったらこんなものかで済むと思いますが、スターバックスのロゴ入りでそこそこの味だったら納得しませんよ。
 別にドトールをけなしているわけではないですよ。
 イメージと味の関係です。
 
 私も自分のイメージを保つために大変ですよ。
 車はフェラーリで助手席にはダルメシアン。
 白金台のプール付き高級邸宅。
 アルマーニのスーツにジョン・ロブの革靴。
 胸には一輪のバラ。
 、、、、、はー、書いててむなしくなってきた、、、。
 
 山口リサ 『忘れたくて…』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 缶コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

ルーツ「ロースト560℃微糖」:JT

 いやー二日続けてさぼった酔分補給です。
 どうもすいません。
 今日からまたまじめに書きます。
 書くよ、書けばいいんでしょ!

 えー、なぜか逆切れからスタートです。

ru560u.JPG 

 2010年5月31日新発売です。
 560℃って何でしょうね?
 聴いてみたら、この缶コーヒーのコーヒー豆を煎り始める温度が560℃なんですって。
 史上最高温度らしいですよ。
 
 飲んでみました。
 
 、、、うーん、何ていったらいいのやら。
 一句詠ませていただきます。
 
 コーヒーの
 技術革新
 味同じ
    by酔分補給
 
 結局そういうことですよ。
 いくら新製品が出ようと、特許をとろうと、新しいことをやろうと同じような味なんです。
 大きな変化はデザインくらいです。
 
 はい、おしまい!
 
 ちょっと一言。
 最近古い記事でいただくコメントでたまにあるのがもっと具体的に書いて欲しいとか、うまい、まずいの理由を細かく書いてとか、製品情報を具体的に書いてとかいうコメントです。
 えーその記事に関してだけなら質問されればわかる範囲で答えます。
 でもこれはあくまで私の個人的な見解を書いているだけであって、毎回細かく書くつもりはありませんのでご了承ください。
 もちろん個々の記事に関してご質問や批判をくだされば、そのつど回答はしますがね。
 ただ、このブログはかなり本音で書ける適当ブログですからね。
 私にとっては正直な感想を書く場として利用しているだけです。
 普段の仕事上でこんな記事を書いたらかなりバッシングをうけるでしょうから。(笑)
 彦麻呂さんと一緒ですよ。
 テレビではまずくても、うーん、個性的な味ですねーとかいってごまかすでしょ。
 私も仕事ではいいコメントをしますが、この場では正直に書いてるだけですから。
 私のブログの説明見たことあります?
 一番上の”発売前に飲んでみた、食べてみた。”の題名のすぐ下に書いてある文章です。
 ”発売前やレアな食の情報を主観で書き殴ります。
宇宙からの毒電波を”ワレワレハマキチラシマス。”
役に立つ情報とM−1にむけてのバカブログとの両立を目指します。(なんでやねん!)”
 ね、バカでしょ。
 うそは書いていないし批判コメントも受け付けますが、主観まるだしのお遊びのブログなんでその辺をご了承くださいね。
 硬くならずにね。
 やわらかく、やわらかーくいきましょう。
 
 orange pekoe 『やわらかな夜』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 缶コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

ルーツ「アロマレボリュート微糖」:JT

ruuuuuutaq.JPG

 2010年5月24日新発売です。
 
 今日は飲みすぎて具合がわるいので勘弁してください。
 うー、具合悪いいいいいいーーー。
 
 indigo jam unit 『AdrenaLine』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 缶コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

ルーツ ラテ:JT

ruturtrg.JPG
 
 2010年4月12日新発売です。
 “砂糖ゼロ”の甘くないカフェラテらしいです。
 何かいやな予感、、、。
 
 飲んでみました。
 
 あっ、本当に甘くない。
 甘味料の味はしませんね。
 私の予感が外れました。
 でもこの不自然なミルク感は、、、。
 
 原材料:濃縮乳、コーヒー、全粉乳、香料、乳化剤、カゼインNa、酸化防止剤(V.C,V.E)
 
 なるほどねー。
 悪い意味で納得です。
 もはやコーヒーではありませんな。
 写真では見えずらいかもしれませんが、実際にもこれは”乳飲料”であって””コーヒー”ではありません。
 表示は正直ですな。
 
 段々暖かくなってきましたね。
 いい季節になってきました。
 ただねー、私はいつもヘマするんですよね。
 昼間暖かいからって薄着で出かけて、夜寒くて後悔するんです。
 何年経っても学習能力のないアホです。

 竹仲絵里 『サヨナラ サヨナラ』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 缶コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

サントリーコーヒー ボス ドライ:サントリー

bdrybs.JPG
 
 2010年4月6日新発売です。
 缶コーヒーでドライ?
 イメージがわきませんな。
 
 とりあえず飲んでみました。
 
 飲んでもわからんなー?
 何がドライ?
 別に普通の缶コーヒーじゃん!
 カフェインを強めに仕上げたようですが、結局砂糖とミルクでだいなしです。
 こだわり方間違えてない?
 
 私の知り合いにも缶コーヒーを毎日飲む人がいます。
 しかも一日2、3本も。
 いやもっと飲んでるかな?
 その人に聞いてみたんです。
 私『何で缶コーヒーそんなに飲むの?』
 A『うーん、飲みたいから。』
 私『うまいの?』
 A『うまいよ。』
 私『原材料見ないで全部いえる?』
 A『コーヒー豆と砂糖とミルク?』
 私『何かこだわりやこの缶コーヒーじゃなければだめだとかあるの?』
 A『いや、別に。なんでそんなこと聞くの?』
 私『いや、別に。聞いてみただけ。』
 そのあと10人に同じ質問をしたんですが、同じような答えでした。
 私の回りの人達にこだわりはないようでした。
 せいぜいブラックかブラックじゃないかのこだわりくらいでした。
 
 だから何?と思われるかもしれません。
 私が思ったのは缶コーヒーを飲む人の意識はこれぐらいなんだろうなーということです。
 10人程度の調査では結論は出せませんが、少なくとも10人のなかには缶コーヒーのことをよくわかっている人はいませんでした。
 
 ・・・・・・・
 昨日ラジオからスペイン語の曲が流れてきました。
 日本語、英語以外の曲はなかなか耳にする機会はないと思いますが、聞いてみるとその他の言語の曲もいいですね。
 
 JoJo 『Acepto que no Puedas Volver』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 缶コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

ルーツアロマブラック:JT

rutuabukrtyu.JPG

 2010年4月5日リニューアル新発売です。
 ボトル缶のコーヒーの中では売れている商品です。
 
 飲んでみました。
 
 ブラックということで砂糖もミルクも使用していません。
 純粋にコーヒーの勝負なのですが、香りがやけに強い。
 
 原材料:コーヒー、香料
 
 これか!
 なぜ香料を使うんでしょうかね?
 この時点でアウトですな。
 これでアロマとかいわれても興ざめです。
 香りがいいと宣伝しながら香料使ってりゃせわないな。
 ブラックにはコーヒーしか使っちゃいかんですよ。
 
 香料はなかなかのくせもんなんですよ。
 何を使っても、何種類使っても、天然でも、人工でも香料の一文字で片付くんです。
 だからこの香料の中身はわからないんです。
 中身の表示義務がないんですから。
 
 だから私は同じ商品で香料を使用しているものと使用していないものの2種類ある場合は必ず香料を使用していないほうを選びますね。
 私の物選びの基準は得体の知れないものは食べないですから。
 
 Sean Kingston 『Beautiful Girls』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 缶コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

ルーツ クリーミーカフェ アイス:JT

rkkkis.JPG

 2010年3月15日リニューアル新発売です。
 クリーミーでコクのある味わいをより高めたらしいんですが、、、。
 
 飲んでみました。
 
 なるほどねー、これはコーヒーじゃないわ。
 缶にもコーヒー飲料と書いてありますしね。
 いまさら説明するまでもないでしょうが、簡単にいうとコーヒーの含有量が少ないとコーヒーとは名乗れず、コーヒー飲料になります。

 クリーミーというけど、これがくせものなんですよね。
 もともと乳成分とコーヒーは混ざりづらいんです。
 そして混ぜても時間が経つと分離してしまいます。
 これを防ぐのに使われるのが乳化剤です。
 もちろんこの商品にも使われています。
 乳化剤ってどんなものかわかります?
 
 実は乳化剤というものはないんです。
 乳化剤とは色々な食品添加物の総称なんです。
 つまり乳化剤と表示してあっても消費者には何が入っているかわからないんですよね。
 だから何十種類の薬品が入っていても”乳化剤”という言葉だけで片が付く企業にとっては何とも便利な総称なんです。
 気持ち悪くないですか?
 
 他にもこういった総称はいくつもあり、pH調整剤、香料、酸味料、、、きりがありません。
 食品の表示義務の落とし穴ですな。
 
 はー、吼えすぎて今日は疲れました。
 終わり!
 
 植村花菜 『トイレの神様』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 缶コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

サントリーコーヒー ボス 大人の流儀 −脂肪ゼロ・砂糖ゼロ−:サントリー

otonanoryugiqw.JPG

 2010年3月2日新発売です。
 ボスの新製品ですが脂肪ゼロ・砂糖ゼロって嫌な予感がします。
 
 飲んでみました。
 
 やっぱりなー、脂肪ゼロ・砂糖ゼロなのに不自然なミルク感、甘さがあります。
 原材料:コーヒー、牛乳、脱脂粉乳、乳性ミネラル、乳糖、カゼインNa、乳化剤、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
 な、なんじゃこりゃ〜!?
 今飲んだの吐いていいですか?
 
 本当にゼロと名の付くものには気をつけなはれや。
 ゼロにするために添加物まみれですたい。
 これが缶コーヒーの原材料とは恐れ入ります。
 
 そしてもう一つ気づいたのが、砂糖ゼロって何?
 糖分0ではないんです。
 ようするに砂糖を使わなければいいということですよね。
 糖分はどうなのって感じですね。
 
 はー、企業は宣伝がうまいこった、、、。
 
 Mr. Symarip 『Skinheads Dem a Come』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 缶コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

サントリーコーヒー ボス 無糖ブラック:サントリー

bozbrx.JPG

 2010年2月9日リニューアル新発売です。
 原材料がコーヒーのみです。
 いいですねー、余分なものが入ってません。
 
 飲んでみました。
 
 うん、そんなに薄い感じはなくおいしいですね。
 香料が入ってないのでほのかな香りも自然でいいです。
 以前より深い味わいがありますが、濃いまではいかない所が缶コーヒーの限界かな?
 でもひさびさに褒めることができる商品ですね。
 
 私は缶コーヒーってほとんど飲まないんですが、飲むときはブラックしか買いません。
 だってブラック以外の缶コーヒーって添加物だらけじゃないですか。
 ブラックでさえ香料入れてるメーカーだってありますしね。
 はっきり言って”コーヒー”と”缶コーヒー”は別物です。
 よくコーヒーショップとのコラボレートでカフェの名前の入った缶コーヒーも販売されてますが、あれだって店の味を再現できているとは思いません。
 雰囲気だけですな。
 
 ・・・・・・
 
 この前車を運転中の出来事です。
 交差点で右折しようとしたところ歩行者がいたので止まって待っていたんです。
 すると私の車の前で歩行者が思いっきりこけてひっくり返りました。
 大丈夫かと思って見ていると、彼は立ち上がり私のほうを見て笑いながら地面を指さし何か話しているんです。
 車に乗っている私には聞こえませんでしたが、様子から推測して転んだ言い訳をしているようだったんです。
 よっぽど恥ずかしかったんでしょうね。
 とっさの時の人間の行動は面白いものがあります。
 いやー、人間観察って面白いですな。
 
 Young Black Teenagers 『Soul Wide Open』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 缶コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

ボス ゴールドプレッソ:サントリー

bosggq.JPG

 2010年1月19日新発売です。
 深煎り豆をドリップしたコーヒーにエスプレッソをブレンドした缶コーヒーです。
 
 飲んでみました。
 
 それなりにコクと苦味はあるもの、舌にまとわりつくクリーム感がちょっとねー。
 もっとミルク等を減らしてもらえんものかね?
 飲みやすさからの配慮なんでしょうが、いらんお世話じゃわい。
 元の味自体は悪くないだけに、よけいなクリーム感ががっかりですな。
 
 それとこの缶に記載されている”高級豆使用”ってなんじゃい!
 書くんなら豆の品種かかんかい!
 JAROに訴えるぞ、ボケ!カス!インチキ野朗!(すんません。言い過ぎましたっとってんちんとんしゃん。)
 
 それにしてもこの缶は金かかってるんじゃない?
 24面カットされていますよ。
 見た目には面白いです。
 味には関係ないけど、、、。
 
 まあ、予想では半年の命ですかね?
 
 The Awakening 『Mode For D.D.』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 缶コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

ルーツ「ローストワン グランレッド」:JT

jtrrre.JPG

 2010年1月11日新発売です。
 ブラジル豆を100%使用し、太陽をイメージした真っ赤なデザインのルーツです。
 
 飲んでみました。
 
 ブラジル豆らしいバランスのとれた味わいはありますが、、、。
 なんか、このとろみが邪魔です。
 色々混ぜるからこんな感じになるんでしょうね。
 よくいえばクリーミーとでも言うんでしょうか?
 
 ルーツは雨後の竹の子のように次々新製品を出しては、ひっそりと消えていきます。
 今回のルーツはいつまで続くんでしょうか?
 
 JTも缶コーヒーのブランドをルーツにしてからしばらく経ちます。
 売れなければブランドを一新するのが世の常ですから、売れないように見えてもルーツはある程度のシュアはあるんですかね?
 CMイメージも悪くないですしね。
 
 ちなみに赤い缶のコーヒーはどのメーカーでも売れたためしがないので、売れればすごいですね。
 
 、、、売れればね。
 
 Roy Ayers 『Time and Space』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 缶コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

ルーツ「SMART CAFE(スマートカフェ)」:JT

rusukafq.JPG

 2009年11月23日新発売です。
 分類上はコーヒーではなく”乳飲料”になります。
 コーヒー>コーヒー飲料>乳飲料とコーヒー豆使用量が薄れていきます。
 
 飲んでみました。
 
 うん、これはコーヒー牛乳ですな。
 もう少し甘くしたら完璧にコーヒー牛乳です。
 この前甘くないコーヒー牛乳の新製品を試飲しましたが、その味に近いですね。
 まあ、コーヒーっぽい缶ですが、乳飲料と表記してあるのでうそはついていないですね。
 
 今回原材料を見て愕然としたのが”植物性油脂”です。
 何コーヒーに油入れとんねん!
 そりゃあマイルドになるわな。
 でも考えてみたらカフェでコーヒーを頼んだときに付いてくるミニサイズのコーヒーミルク、あれだって油と添加物で出来た混ぜものですからね。
 あれは牛乳ではありません。
 
 そしてこの「SMART CAFE」もコーヒーではありません。
 
 中島みゆき 『ファイト』 
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 缶コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。