2013年09月30日

ドキュメンタリーは真実を伝えていない!

 いやー、びっくりしました。
 
 私は常日頃、ネットで朝鮮日報を読んでいます。
 その記事を読んで目が点になりましたよ。
 
 私は以前も書きましたが、韓国が嫌いではないんですがおかしいことに対してはおかしいと言ってきました。
 そして私は片方の情報からすべてを信じることはしません。
 だから、最近の韓国の日本叩きに対しても一方的に日本のマスコミの言うことを信じるのではなく、韓国の言い分も聞いて判断してきたつもりです。
 朝鮮日報、韓国の歴史学者の本、韓国の評論家の本にもかなり目を通しているほうだと思います。
 
 私は食が専門なんで、主に食の記事を集めていますが、今回は食に関することではありません。
 詳しくは朝鮮日報の9月29日の記事「慰安婦問題は全人類の課題http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/09/29/2013092900136.htmlを読んでください。
 
 記事が古くなると消されると思うので要点を書きます。
 
 日本軍の従軍慰安婦問題を扱った韓国のドキュメンタリー番組(One Last Cry)が、インドネシアで開かれた映画祭で短編ドキュメンタリー部門最優秀賞と脚本賞を受賞した。
 製作者は今後は海外に慰安婦問題を提起する資料としても活用していくということである。
 
 、、、なんじゃそりゃ!!
 
 この記事を読んで反捕鯨映画で「ザ・コーヴ」を思い出しました。
 アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞したこの映画もドキュメンタリーとは言えない初めから結論ありきの偏った視点から造られています。
 
 これは観ていないんで内容は詳しくわからないんですが、韓国国内のできごとだったら何も言いません。
 そうぞ勝手にしてくださいです。
 しかし日本の問題を扱った番組をほかの国で見せてさらにドキュメンタリー部門最優秀賞をとるなんて、、、さすがの私もだまっていられませんでした。
 何を撮ったの?
 わしにも見せろや!
 
 とりあえず内容うんぬんではなくてやり方が卑怯です。
 日本でも公開したら?
 
 私は慰安婦はいたという事実は否定しません。
 ただそれは現在の風俗産業のように法の下で行われたものだと解釈しています。
 1938年2月18日警保局警発乙第七七号によると、慰安婦募集に際しては国際法の遵守が必要であり、婦女売買や誘拐を禁じています。
 このことを破って処罰された記事も残っています。
 1939年8月31日の東亜日報で本人の意思に反して強制的に慰安婦にした業者が処罰された記事が書いてあります。
 これは朝鮮国内で朝鮮人(ややこしいですが当時は日本国内で日本人)がおこした事件で東亜日報とは朝鮮の新聞です。
 こういったことがニュースになるほど日本は厳しく取り締まっていました。
 
 これらの記事は調べれば証拠は出てきます。
 
 ただ日本が強制連行した証拠に関しては出てこない。
 韓国の発表では何十万人もの日本軍に強制連行された慰安婦がいるにもかかわらずである。
 これはいったいどういうことなんでしょうか?
 なかったと考えるほうが自然ではないですか?
 
 ただ私は局地的にはあったと思います。
 上官の陰に隠れて悪さをしていたものはいるとは思います。
 いや、上官も含めてのこともあったかもしれません。
 しかしそれは犯罪者であり、日本国としては認めていないし、見つかれば罰せられていました。
 日本人に犯罪者がいたからといって、国家ぐるみということでは決してありません。
 
 それがいったいどのくらいあったんでしょうか?
 
 恐らくそんなにないとは思います。
 戦中戦後日本人とのハーフが沢山生まれたという話は聴きません。
 
 私はそんなにがんこではありません。
 だから当時の新聞記事や写真で証拠があれば素直に認めます。
 証拠あるんなら教えてくれ!続きを読む
posted by 酔分補給 at 22:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

サッポロ 冬物語:サッポロビール

huyuuuyubb6t50.JPG

 2013年10月2日新発売です。

 冬限定ビールですが、、、早いなー。
 もう冬かい!
 
 1年は早いねー。
 
 飲んでみました。
 
 苦味とコクがしっかりありながらも後味がスッキリしてます。
 、、、あれっ、これぬるくてもいけるかも、、、。
 なんか飲んだ瞬間そう思いました。
 
 冬のビールということで、何もキンキンに冷えたビールを飲まなくてもいいんじゃないですか。
 ということでやってみました。
 
 おー、思ったとおりでした。
 先ほどは冷蔵庫で5度くらいに冷えていましたが、今回は少し高めの10度くらい。
 いける、いける。
 
 ここで私の冒険心が働きました。
 、、、常温でもいける?
 
 試せー。
 
 おー、全然いける、というよりも冷やすよりうまいわ。
 常温のほうが麦芽本来のうまみが出てる。
 これはいいね。
 
 昔はビールは冷やさないで飲んでいたんだよね。
 まあ、冷蔵庫が家庭に普及していないこともあったんだけどね。
 ドイツやベルギー、イギリスなどビールを日常的に愛飲する国々も常温でビールを飲んでいた歴史のほうがずっと長いです。
 ここ数十年なんだよ、ビールが冷やして飲まれるようになったのは。
 
 まあ歴史はおいといても日本で一番売れているビールのスーパードライなんかは冷やして本領を発揮するビールでぬるいドライははっきりいってまずい!
 ちなみに人間の感覚として冷たいほうがドライに感じるんです。
 そんでもともと切れ味を追求してきたスーパードライはキンキンに冷やしてこそのスーパードライなんです。
 だから最近流行の氷点下のスーパードライとか暑い夏にのむとうまいんでしょうね。
 
 話を戻すとこの冬物語は常温で飲んでも美味しいんで、名前のとおり冬に飲むのには適していますね。
 
 最近飲み会が多くてさー、やっと復活したこのブログもなかなか更新できないんだよ。
 書きたいことは色々あんだけどね。
 食に関しての知識は拙いながらも、人前で講演することもあるんで一応詳しいとは思ってます。
 このブログを始めたきっかけの一つも、なかなか本音で言えないことをこのブログで発散しようと考えたこともあります。
 ニュースにならない食の事件や、普段は言えないことも正直に書いています。
 
 落ち着いたら毎日更新するからもう少し待ってね。
 
 昔さー、この歌が好きでねー。
 元は小林明子が歌ってたんだけどね。
 カラオケ行くとリクエストしてたのが懐かしい。
 
 最近気になるアーティストで”なかの綾”がいるんだけど、昭和チックな感じがたまらない。
 変わった経歴の持ち主でホステスをしながら音楽活動をしていたみたいで、本人もそれを隠そうとしないのが男らしい、、、いや女でした。
 今はカバーでアルバムを出していますが、オリジナルでどんな曲を出すのか今から楽しみです。

 なかの綾 『恋におちて Fall in Love』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 22:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

ベアフット リースリング:サントリー

beahuhibu.JPG

 2013年9月10日新発売です。
 カリフォルニアのワイナリー「E.&J.ガロ ワイナリー」で作られたカジュアルワインです。
 今回7品種が日本で発売されますが、このリースリングは微発泡の甘口タイプです。

 飲んでみました。

 グラスに注ぐと若干の気泡がでてきます。
 色は濃い目の黄色。
 香りは洋梨のような甘い香りがします。
 どことなくライチ香もするなー。
 
 味は、、、あっまー、、、。
 甘いなー。
 飲んだ後、喉に膜が張るほど甘いわ。
 
 リースリングの特徴がほとんど感じられん!
 酸味とのバランスもなにもなく甘みが前面に出ています。
 
 アルコールが8%と低く、チューハイ感覚で飲むならいいかもしれんが、私はノーサンクス。
 飲みやすいんだけどねー、、。
 
 系統的にはカルロロッシのような感じです。
 カルロロッシを飲んでいる人にはすんなり受け入れられると思います。
 
 ただねー、、、これでリースリングのイメージがつくのは悲しいなー。
 本来リースリングはスッキリとした酸味が持ち味なんだけどね。
 ブラインドでこのワイン出されたら私は当てられる自身ないわ。
 
 リースリングってブドウは冷涼な地域で栽培されるのに適しているんだよね。
 葡萄栽培の北限に属するドイツが最大の産地。
 フランスでも北東部のアルザスでしかAOPワインは生産していません。
 アルザスといってもピンと来ない方のために説明すると、北緯49度で日本で言えば北海道(北緯45度)よりもずっと北なんです。
 
 そんでカリフォルニアはというと、長い土地で南北に伸びていますが一番北でも北緯42度。
 高地では冷涼かもしれませんが、一概には暖かい地域です。
 そこでの栽培に向いているかといわれれば、、、。
 
 ここで余談ですが、ワインベルトって知ってます?
 葡萄って暑くても寒くても作れない品種で、北半球でいうと北緯30〜50度が主な栽培地域です。
 地球儀で見ると北緯30〜50度でぐるっとベルトを巻いた地域が葡萄栽培に適した地域なんで、それをワインベルトっていいます。
 日本はほぼすっぽり収まる感じです。
 
 そんでどんな世界にも例外というのが存在しますが、すごいのがこれ。



 なんと産地はインド!!
 スラ・ヴィンヤーズというワイナリーですが、本場フランスでも認められた味わいは本物です。
 これは北緯20度ながらも高地に属する地域のためにできる裏技みたいなもんです。
 夏でも山に登れば涼しいのと同じです。
 私も初めてこのワインを知って飲んだときは驚きました。
 ”何これ、美味いね。”ってね。
 今までこういうキワモノは往々にしてそれなりの味わいでしたから。
 
 で、話を戻します。
 
 ”ベアフット リースリング”はリースリングの常識を覆したか?
 
 答えは、、、、、ここまで読んだら言わなくてもわかりますね。
 ただのキワモノでした。
 
 ・・・・・・
 
 今まで死にたいって思ったことはあります?
 そんで死ぬ寸前まで行動に移したことあります?
 ビルの屋上のフェンスを越えたり、樹海に行って途中で引き返したり。
 硫化水素を手に入れてみたり。
 
 私の死に対する考え方は消極的な死です。
 昔からそうなんですが、寝てるうちに死んでたら別にいいじゃないという感じです。
 積極的に死にたいわけでもないんですが、明日死んでても別にいいやって感じ。
 ただ、病気、事故、殺されるとかの苦しいのは嫌。
 苦しまないで死ぬために安楽死の薬や注射をしたり、大量に睡眠薬を飲むのもいや。
 ただただ自然に普通に生活していて、仕事して、夜飲んで、風呂入って、明日何しようかなーなんて考えながら寝て、、、、そのまま永眠ってのが理想。
 それが明日こようと何十年後かにこようといいやって感じ。
 死にたくないってのはないね。
 でも手術で麻酔されててそのまま目覚めないのは嫌。
 死ぬかもって思って死ぬのは嫌。
 なんか説明難しいなー、わかる?
 
 先月末リリースされたこの曲いいよねー。
 歌詞がいい。
 何気ない生活で死にたくなる感じ。
 ”僕が死のうと思ったのは靴紐が解けたから”
 わかるなー。
 
 でも勘違いしないでね。
 私は自殺もしないし殺されるのも嫌だから。
 
 中島美嘉『僕が死のうと思ったのは』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 00:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

マクウィリアムズ シラーズ:サントリー

sirdduyr.JPG

 2013年9月3日新発売です。
 
 あー、なんかこの書き出し久々だなー。
 
 飲んでみました。
 
 色は濃い目ですが明るめで若い印象です。
 香りは力強くカシスジャムのような印象のあとスパイシーさが感じられます。
 味は豊かな甘みと酸味のあとにギシギシとしたタンニンがきます。
 余韻は長いんですが、酸味がちょっとしつこいかな?
 
 全体的なことを考えると普通かな。
 ワインだけ飲むことを考えるとなし。
 濃い目の味付けのステーキやハンバーグと合わせるとあり。
 塩コショウのシンプルな味付けの肉料理にはなし。
 価格が千円前後だとあり。
 
 ってな感じ。
  
 あくまでも私の個人的な意見です。
 
 あー、暑い。
 暑い、熱い、厚い〜、、、。
 よくみなさんがまんできるね?
 
 いや、我慢してる人はだよ。
 私も含めて。
 
 今年の夏は電気に頼らないでいってみようー!って目標を勝手に立ててがんばってました。
 現在進行形で。
 でも冷房、扇風機を完全に否定していたわけではないんだよ。
 冷房の効いているところに行くのはあり。
 自宅での電気使用はなしと決めていたんだ。
 窓はフルオープン、風呂にはいつも水風呂。
 
 なんとなく、なんとなくね。
 でもできました。
 電力問題とか色々考えることもあるしね。
 
 よくさー、電力問題で話題になるのが今の生活を捨てれるかってことを言われるんだよね。
 でさー、私なりに考えたんよ。
 とりあえず夏に何を我慢できるかってね。
 まずテレビはいらんよね。
 掃除もクイックルワイパーとコロコロでok.
 風呂は水風呂だったら沸かす電気代ガス代もかからん。
 早寝早起きすれば照明代も節約できる。
 などなど。
 
 そしてらねー、劇的に電気代減りました。
 前年比で約半額です。
 すごくねー?
 
 ・・・・・・・
 この曲は今年前半によく聴いた曲です。
 上半期の私の気持ちをよく表した曲です。
 よくねー?
 
 高橋優 『ボーリング』
続きを読む
posted by 酔分補給 at 23:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。